比較でペニス増大サプリの嘘を暴いた!本当に効果あり最新増大サプリ

嘘情報

ペニス増大サプリの表示の嘘にまつわる相談先

ペニス増大サプリの誇大広告について

近年、ペニス増大サプリと呼ばれる商品は数多く販売されていますが、中には誇大広告ではないかと疑われる商品もあります。そもそも、ペニス増大サプリは健康補助食品に分類される商品で、医薬品ではないためサプリの具体的な効果効能を宣伝することはできません。

バイアグラなどのED治療薬は、医学的な根拠に基づいて開発され、厳しい審査を通過した上で承認された医薬品なので、具体的にEDの改善効果があると言及できます。

しかし、ペニス増大サプリに関しては効果効能を謳うことができないため、もしもメーカーの公式サイトなどで「このサプリを飲めばペニスが大きくなる」といった表現がされていたとしたら、そのような広告は嘘で薬事法違反に該当します。

では、具体的な効果効能について言及している広告や、嘘の内容ではないかと疑われる広告を見かけた場合や、実際に怪しいサプリを購入してしまった場合は、どこに相談すればよいのでしょうか。ペニス増大サプリに限りませんが、健康補助食品に関するトラブルは様々な機関に相談できるため、万が一に備えて具体的な相談先について確認しておきましょう。

怪しいペニス増大サプリに関する相談先

前述したように、ペニス増大サプリは具体的な効果効能を宣伝できないことになっていますが、もしも嘘ではないかと疑われる怪しい広告を見かけた場合は、各自治体にある消費生活センターに相談しましょう。

消費生活センターでは、健康食品に関する様々なトラブルの相談を電話で受け付けていますが、消費生活センターの電話番号がわからない場合は、消費者ホットライン(局番なし188)に電話すれば最寄りの消費者生活センターの相談窓口を案内してくれます。

加えて、消費生活センターだけでなく、各自治体の保健所でもサプリメントの誇大広告について相談できます。さらに、日本健康・栄養食品協会は、健康食品全般に対する疑問をついて電話相談できるため、ペニス増大サプリに関する相談も受け付けてくれるでしょう。

なお、怪しいペニス増大サプリを購入してしまった場合や、実際に服用して何らかの異常が生じた場合も、基本的には上記した機関に相談すれば対応してくれるはずです。また、海外から個人輸入したペニス増大サプリであれば、偽造医薬品等情報センターに相談するとよいでしょう。

まとめ

基本的に、ペニス増大サプリは用法用量を守れば安全に使用できるものですが、中には怪しいサプリも見かけます。特に、具体的な効果効能を謳った商品は嘘の内容を記載している可能性があり、服用しても効果が得られないばかりか何らかの健康被害を被る恐れがあるため、購入しないようにすることが大切です。

また、嘘ではないかと疑われる広告のペニス増大サプリを見かけた場合や、実際に購入してしまった場合は、各自治体の消費生活センターや保健所などの機関に相談しましょう。