包茎治療の一般的な料金はどれくらい?

包茎治療にかかる料金は治療方法によって異なる

包茎治療に興味があるものの費用面が心配という方は非常に多いかと思いますが、包茎治療にかかる料金は治療方法によって大きく異なります。
一口に包茎治療と言っても様々な治療法がありますが、現在主流となっているのは環状切開法と亀頭直下埋没法の2種類の治療法です。

環状切開法は古くから行われてきた比較的簡単な手術方法で、亀頭直下埋没法よりも料金が安いというメリットがあります。
手術を受けるクリニックによって料金は異なりますが、3~15万円ほどが相場です。
ただし、環状切開法は少しでも安い費用で包茎を治したいという方に最適ですが、この治療法は傷跡が目立ちやすいとともに、ツートンカラーになるというデメリットがあるので注意が必要です。

一方の亀頭直下埋没法は、傷跡が目立ちにくくツートンカラーになりにくいため、術後の見た目を気にする方に最適な治療法と言えます。
しかし、費用は高めで一般的には7~25万円ほどかかります。

包茎治療にかかる料金を安くする方法

上記の通り、包茎治療を少しでも安い料金で受けたいという方は環状切開法が適していますが、術後の見た目を気にして亀頭直下埋没法を希望するという方も少なくないでしょう。
亀頭直下埋没法にかかる費用は決して安いものではありませんが、クリニックによっては様々な割引制度を利用することが可能です。

例えば、学生やシニアの方を対象にしている学割・シニア割や、そのクリニックで治療を受けた方に紹介してもらうことで割り引かれる紹介割などを設けているクリニックも少なくありません。
場合によっては、5~10%ほどの割引が受けられることもあるので、亀頭直下埋没法にかかる費用を抑えたいという方は割引制度があるクリニックを選択すると良いでしょう。

また、亀頭増大術や長径術、ブツブツ除去治療といった手術を包茎手術と一緒に受けることで通常料金よりも安くなるクリニックも多いです。
それぞれの手術を個別に受けるよりも費用が抑えられるので、包茎以外の悩みを抱えている方におすすめです。

まとめ

包茎治療にかかる料金はクリニックによって異なりますが、環状切開法の場合は3~15万円程度、亀頭直下埋没法の場合は7~25万円ほどかかるのが一般的です。
少しでも費用を抑えたいという場合は環状切開法が適していますが、術後の見た目を気にするのであれば亀頭直下埋没法がおすすめです。
また、クリニックによっては学割・シニア割、紹介割といった割引制度を設けているので、少しでも安く包茎治療を受けたいという場合は割引制度があるクリニックを選択すると良いでしょう。